お知らせ

『下津井電鉄客車移設プロジェクト』 移設日のご案内

【移設日決定】「下津井電鉄客車移設プロジェクト」
客車移設日のお知らせDSC05999DSCN483321057935_1276222755821355_2117911078_o

株式会社下電ホテル(代表取締役 永山久徳)の運営する鷲羽山下電ホテル(倉敷市大畠)では、関連会社である下津井電鉄株式会社(代表取締役社長 永山久人)の協力を得て、旧下津井駅に現存する客車等を下電ホテル敷地内に移設するプロジェクトを進めてまいりました。移設費用の一部(約439万円)を公募したクラウドファンディングも成立し、移設に向けての準備を進めておりましたが、この度移設日を決定いたしましたのでお知らせいたします。

【移設概要】
 ・移設日 9月30日(土)(積込9:30~15:30、移設21:00~23:00予定)
  ※天候や状況により前後する場合がございます。
  ※一般道路上を移送するため、一時通行規制や見学場所の制限をする場合がございます。
 ・移設見学宿泊プランを出資者に優先してご案内済。1日より下電ホテルHPでも販売開始します。(ホテルより下津井駅までの送迎、記念パーティ付)
・旧下津井駅と下電ホテルに見学スペースを設けます(出資者・記念プラン参加者限定)。
※旧下津井駅では自家用車での乗り入れ、一般の立ち入りは不可。

【プロジェクト経過】
・2017年1月 旧下津井駅に現存する下津井電鉄客車および貨車各1両(クハ24、ホカフ9)を下電ホテル敷地内駐車場に移設するプロジェクトを公表。
・運送、設置費用の一部(約439万円)をクラウドファンディング(CAMPFIRE、キャンプファイア)で調達(1月8日~3月29日)。
・プロジェクト成立後(204名の出資者より約444万円調達)、輸送方法や設置方法の調整、返礼品の作成に着手。

【コメント】
30年近く動いていない車両は劣化が進んでおり、移設するには技術的な課題も多かったが、下津井みなと電車保存会をはじめ各位の協力を頂き、知見を集めて移設にこぎつけることができた。当日は大勢の方々に見学にお越しいただきたいが、輸送車両の安全確保や近隣への騒音などにはご注意されたい

下津井電鉄客車移設プロジェクト移設プラン